システムトレードとは

システムトレードとは何でしょうか?

FXでトレードを行っても利益をなかなか出せないという人がいます。

なかなか利益が出ないというのは、トレードを行う人間の心理状態に左右されるため、といわれています。

たとえば、マイナスポジションになったときに、“もう少し待てば転換するかもしれない”という気持ちから、ポジションを持ち続けて大きな損失となり、負けを取り戻そうと保証金を大きくして、リスクが高いために心理状態が不安定になり、冷静な判断ができなくなって、最終的にすべての保証金を失ってしまう、というようなことになってしまうのです。

ここで説明するシステムトレードは、そんな人間の弱いところを排除したトレードで、ルールに従って自動的にトレードを行うものです。

システムトレードのことを自動売買と勘違いする人もいますが、ルールに従って手動トレードをすることもシステムトレードに含まれます。

システムトレードには、「トレンドフォロー型」と「トレンドに逆らう逆張り型」の2種類があります。

FXはトレンドが出るとトレンドに乗った方が利益を出しやすいため、レンジ相場などのトレンドが出ていないときは逆張りトレードが有利となります。

システムトレードを導入するためには、MT4というメタトレーダーが使えるFX口座が必要です。しかし、日本のFX口座でMT4が使えるところは少なく、よく調べることが必要です。